たかさご選挙.com

高砂市の市政情報を発信しつつ、高砂市を想い行動されている方を応援するブログです。

災害時の市議会議員

たかさご選挙.comです。

 

台風、地域差はありますが、被害も出てるので、いつも何とも言葉にできないものがあります。

 

高砂市の市議会議員は、こーゆー時、どう動いているか?って、

 

人によって違いますが、

 

情報発信される方、災害や被害状況を追う方、公民館回って避難場所の情報や、避難状況を発信される方、何も発信されずとも黙々と現場を回る方、

 

それぞれですね。

 

言うまでもなく、

 

サービスです。

 

防災担当など、組織的なことは分かりませぬが、

 

みなさん、それぞれ仕事されてます。

現場回るとか、僕には真似できないなー、と尊敬です。

 

なかなか、触れない情報なので、もっと知ってもらってもいいのかな?とは思うので、記しとこうかと。

 

 

高砂市議会・新体制?

たかさご選挙.comです。

 

高砂市議会も新体制です。詳しくは↓

https://www.city.takasago.lg.jp/soshikikarasagasu/gikaijimukyoku/takasagoshigikai/2995.html

 

選挙から、まだ1ヶ月も経ってないのですが、

おそらく、ほとんどの市民は議会は今何やってるか分からなくなってる頃でしょうか?

 

公約とか覚えてますか?

議員全員の名前言えますか?

 

そもそも興味ありますか?

 

議長が選ばれて、委員会に振り分けが決まって、来週からは本会議が始まります。

 

高砂市のLINEから情報発信されてもいいのにな、って思ってます。

コロナの陽性者数は毎日送られてきます。職員、偉すぎって思います。

 

情報公開力が、透明度につながりますよね。議員なのか、事務局なのか、両方か。

なかなか、市民側が情報追いかけるのも、アレですね。

 

さて、本題。

71代議長に今竹議員、議長のお勤め7度目です。副議長に鷹尾議員、2期連続です。

 

委員会は、ちらほら代わってます。継続されてる課題もあるので、どうなのかな?という辺りはありますが。

 

この布陣は、どうなんでしょう?

 

っていうか、決定プロセスがわかりません!

 

公約があって、自分で決めるのか?

枠を議論で取り合うのか?

委員長と副委員長の決まり方は?

複数を兼任してる方もいたり、石崎議員、3つ?継続する場合もあれば、他行ったり、戻ってきたり。よくわかりません。

 

そもそも、

決まりました!って発信が極端に少ないです。

 

「これこれ、この委員会に決まりました。なになにの公約実現のために、どれそれ頑張ります!」

 

って、発信が欲しいのは私だけでしょうか?

そもそも、そうゆーものでもないのでしょうか?

 

そこは、また、取材できたら、聞いてみたいですね。

 

総務常任委員会

 委員長:島津明香

副委員長:山田光昭

     鷹尾治久

               川端宏明

    迫川高行

    横田英樹

委員長の島津議員は、前期の副委員長から引き続き手腕が期待されます。継続は、島津議員と横田議員の2名。前期委員長の防災のイメージが強い、石崎議員が総務にいないのは淋しい気もしますが、どうなるやら、です。

 

文教厚生常任委員会

 委員長:石崎徹

副委員長:岩見明

               今竹大祐

               春増勝利

               大西由紀

    鈴木利信

鈴木議員以外入れ替わってます。石崎委員長、こども食堂の活動や、学校での防犯、防災など手腕が期待されます。副委員長、岩見議員は福祉にも強いので、楽しみです。

ただ、学校関連の内容もあるので、子育て世代現役の、坂本議員、松野議員、芝本議員、入江議員が文教にいないのは淋しく感じます。校長経験者の春増議員の活躍も見ものですね。

 

建設環境経済常任委員会

    委員長:森 秀樹
副委員長:芝本 鎮彰
               入江 啓太
               坂本 まり
               松野 優也
               藤森 誠
               北野 誠一郎

芝本議員、藤森議員が継続。建築士の森議員が委員長。40代の若手?議員が4名揃ってます。イベンターなイメージが強い4名。入江議員がコーディネーター力をいかんなく発揮するのか?坂本議員が公園やプールの課題にどう取り組まれるのか?など、都市創造的な部分で期待あり?です。藤森議員は、治水の仕上げに入るのか?北野議員は、生活環境なのかな?などなど想像が膨らむ構成でしょうか。

 

議会運営委員会

 委員長:迫川 高行
副委員長:島津 明香
               山田 光昭
               石崎 徹
               川端 宏明
               大西 由紀
               北野 誠一郎

前期からの引き続きは、島津議員。割と個人的に頭の回転が早い印象の2人が委員長、副委員長。議論が熱い故の課題もある議会運営に注目です。

 

 

市議会だより編集委員会

 委員長:坂本 まり
副委員長:松野 優也
    石崎 徹
    春増 勝利
    大西 由紀
    鈴木 利信

継続は、石崎議員、大西議員。市議会議員の中でもお洒落さんの坂本議員が委員長。オンタイムでインターネットのみで情報を追いかけ続けるのは、なかなか難しい部分もあるので、バックナンバーを確認するには良いのですが、紙媒体はまだまだ要るような気がしてます。数少ない情報発信ツールが、より盛り上がることを期待したます。

 

そんな、感じで、来週から本会議ですね。

どう展開するか、できる範囲でウォッチしてみます。

ウォッチャーさん、尊敬します。

たかさご選挙.comです。

 

すみません。選挙終わったんで、ブログの有料プラン解約しました。広告入って見苦しいと思います。

 

常々、ウォッチャーさん、すごいって思います。

 

ボランティアですよ。

 

プライベートの時間と労力を使って、有益な情報提供、感謝感謝です!

 

やってみて、思いました。

なかなか、雇われの身でやるの厳しいです。

プライベートあります。仕事あります。生活あります。

 

調べるにも、データまとめるにも、記事にまとめるにも、

結構エネルギー要ります。

 

みなさん、どうやってるんだろ?って思います。

仕事とか。

お会いできる機会があれば、お話聞いてみたいですね。

 

なかなか、まだまだ、

一般の方は、議員発信の情報や、市民ウォッチャーの発信よりも、マスコミさんの情報が好きみたいです。

 

なんでそこまで信頼できるか、教えてください。商売ですよ?

 

むしろ、ウォッチャーさんボランティアですよ。

 

そりゃあ、色々な方がいますが。

 

なかなか、たくさんの情報を精査して、必要な情報を吸収するのも大変っちゃ、大変ですけどね。

 

どんなウォッチをして、どう発信していくのが、市民にとって有益になるのかは、まだまだ答えが見つかりませんが、

 

継続を頑張ってみようかと思います。

 

いつも、貴重な情報提供ありがとうございます。

ウォッチャーさんに、感謝を込めて。

市政報告や情報発信はサービス?

たかさご選挙.comです。

 

新しい高砂市議会もスタートしました。

事あるごとに、ブログなどで情報発信してくれてる議員さんもいれば、当選報告すらインターネットでは拾えない議員さんもいます。

 

そもそも、

 

情報発信って、サービスですからね。

 

義務じゃ、ないです。

やらなくても、法的には問題ないんですよね。

 

議員さんて、個人事業主に近い性質があるので、仕事の幅が人によって違います。

必要だと思った分だけ仕事があり、定例会や委員会出席で済まそうと思えばできなくもない。

 

市民にとっては、情報発信してくれるとありがたいですし、そうゆう方々に続けてもらった方がいいのでわ?

 

とも、考えますが、残念ながら、情報発信と得票は比例するとも限らず、メリットが少ないかも知れません。

 

今回、上位当選の、島津議員や、鷹尾議員は、ブログでよく発信してくれてます。

公明党は主にTwitterで、公明新聞

共産党は、活動や赤旗が多いかな?

Facebookは、みなさんちらほら。

次点で落選した井奥さんも、市政報告の紙媒体は継続して作成されて発信はされてます。

内容に差があるとは評価しがたく、かといってサービス活動が評価されてるとも言い難い現状でしょうか。

 

それでも、我々ウォッチャーは、ボランティアです。

議員さんは、専従もできて、報酬があります。

 

心情としては、

市政報告や情報発信くらいやって欲しいです。

 

それくらい、こなせるレベルの方が議員をされるべきだと正直思ってます。

 

忙しくてできないなら、仕事内容、仕事量、優先順位の見直しが必要でわ?と思いますよ。

 

発信は委託だって、ありますから。

 

市政報告もしない、情報発信もしないで、どのように議会を開き、市民に理解を拡めていけるのか、教えて欲しいです。

 

ね。

 

議会事務局も、議事録やインターネット中継は頑張ってくれてますが、立場上、中立ですし、恣意的な情報発信はできないですもん。

 

頑張って発信されてる方の応援になるかは、わかりませんが、どのくらいの量で、どんな発信をされているかをウォッチして発信するのもありなのかな?

 

と模索している、今日この頃です。

高砂市議会・新会派構成

たかさご選挙.comです。

 

高砂市議会の新会派の構成が決まったようです。

たかお議員のブログから情報拾いました。

市のHPの情報更新はまだです。

敬称略です。

 

新政会:今竹大祐(代表)、入江啓太、岩見明、川端宏明、坂本まり、島津明香、藤森誠、以上7名

公明党:迫川高行(代表)、春増勝利、森秀樹、以上3名

明風会:鷹尾治久(代表)、石崎徹、芝本鎭彰、以上3名

未来ネット:鈴木利信(代表)、北野誠一郎、以上2名

民主クラブ:山田光昭(代表)、松野優也、以上2名

日本維新の会:横田英樹

日本共産党:大西由紀

 

 

 

新政会は、人数変わらず、池本さんの後に入江議員が入った形になりました。

公明党も、砂川さんの後に春増議員。

明風会、変わらず。

鈴木議員、北野議員コンビはまた、会派の名称変えて来ました。一貫性は何かあるのでしょうか?議案提出できる2名構成。今後の活躍が注目されます。

日本維新の会も、そのまま。

日本共産党は、1人減って、大西議員のみ。

民主クラブに、松野議員が入って、2名になりました。議案提出が可能になります。楽しみですね。

 

投開票が4日で、10日から日程始まって、土日挟んで、12日には、会派申請締め切りなんですね。

当選してから、方向性、確認とか、無理な日程ですよね。普通。

 

ともあれ、全体的には、保守傾向が強い構成です。

今後の動き、注目です。

 

高砂市議会インターネットライブアクセス数

たかさご選挙.comです。

 

短時間でも、情報公開室で資料を漁るのが趣味です。

 

ひとまず、見にくいですが、下記の画像資料をご覧ください。

f:id:takasagochoice:20220906134331j:image
f:id:takasagochoice:20220906134323j:image
f:id:takasagochoice:20220906134329j:image
f:id:takasagochoice:20220906134326j:image

令和2年度なので、古い資料ですが、議会資料から写メって来ました。手が写っててすみません。

インターネットライブのアクセス数を集計した資料です。

時間毎のアクセス数なので、実際の試聴人数はもっと少ないでしょう。

まあ、ライブですからね。

多いと見るか、少ないとみるか。

実際に、この人数が傍聴に来たら、えらいことですけどね。

 

議会資料は全部公開されてるので、ありがたいですね。

後からでも、確認できます。

この資料を基に、どんな議論されたのかは、

議事録ですけどね。

なかなか、面倒です。

 

調べようと思えば、一通りのデータがある、高砂市は良いですね。

職員さんが、すげーです。

ありがとうございます。

コロナ禍が育んだ絆の分断?

たかさご選挙.comです。

 

お祭りも終わって、新しい議会も間もなく始まります。

投票率は、実に残念でした。

 

全員にはお話聴けてませんが、

当選した議員さんも、今回は手ごたえを感じにくく、厳しかったとおっしゃってました。

 

統一教会からの政治不信もあったようです。

質問されたとおっしゃってました。

 

何より大きかったのは、「コロナ禍」だったかもしれません。

会えなかったのが一番つらかったようです。

人と会う機会が極端に減った3年近くでもあります。

 

人って会わないと、信じる気持ちより、疑う気持ちが強くもなるもんです。

忘れることだってあります。

 

いわゆるソーシャルディスタンスなんて、言葉が生まれた日から、こーゆー未来の想像は難しくは無かったですが、

わかっててもハードな世の中になりました。

 

世界一過度な感染対策を行いながら、世界一の陽性者数。

一向に進まない、科学的検証。

インドやアフリカに合わせて9兆円の投資をしながら、国内への援助は偏り、間を盗られてばかり。

 

海外に友達いると、

日本って、異常な社会。

 

いいのかな?

って思います。

 

なかなか、大変ですね。